山内一豊と妻・千代 伝

山内 一豊(やまうち かずとよ)
天文14(1545)年(※1) - 慶長10(1605)年
戦国・安土桃山時代の武将。信長、秀吉、家康の三人に仕えた。
山内但馬守盛豊の二男(※2)として尾張に生まれる。
幼名は辰之助。元服後は、伊右衛門、一豊と名乗る。一豊は(かつとよ)とも。

  • ※ 1:天文15年とも言われている。
  • ※ 2:三男とも言われている。

山内 千代(やまうち ちよ)
山内一豊の妻。一豊を内助の功で支えた。
その内助の功によって、一豊は出世できたと言われている。賢妻として有名である。

1:浪人から土佐24万石の大名までの軌跡

山内一豊

一豊の父・盛豊は織田信安方に仕えていました。家老となり葉栗郡の黒田城を預かっていました。
一豊15歳の時、織田信長による岩倉城攻めにより、父が討死(※3)。城を追われ、織田浪人として流浪の時を過ごします。後に身を寄せた牧村政倫が信長の家臣となった頃、信長に仕えるようになったようです。

一豊は金ヶ崎、姉川の戦において活躍。矢が顔面を貫通するという深手を負いながらも、敵将を討ち取ったという逸話もあります。この手柄によって、秀吉の領国の一部を信長から与えられ、戦国武将・山内一豊としてスタートを切ったのです。
信長が倒れた本能寺の変の後は、秀吉に従いました。

天下統一後は播磨に大名として配置され、掛川城に入城(一豊48歳)。
城郭、城下町づくりや治水などに取り組み、掛川を発展させていきました。
秀吉亡き後は、早くから家康に忠誠を見せ、妻の助けもあって家康の信頼を得ていきました。

そして慶長5(1600)年、関ヶ原の戦いの後、一豊は土佐24万石へと大抜擢され、一国一城の主となったわけです。

  • ※ 3:一豊13歳の時、信長による黒田城襲撃により討死とも言われるが、不詳。

2:妻・千代の内助の功

山内千代

山内一豊の妻・千代。生まれはいくつか説がありますが、近年裏づけ資料の発見などにより郡上八幡説が注目されており、有力かもしれません。 しかし、決定づける資料が十分揃っているわけでなく、はっきりとは言えません。
非常に教養高い人で、政治・外交的にも優れていました。
一豊没後もその政治・外交力を発揮していました。

まだ、一豊が織田家の一家臣でしかなかった頃、近く馬揃えがありました。馬揃えとは、簡単に言えば、近く行なわれる戦の前に、馬を一堂に集めてその検分をするもの。その頃来た馬売りが連れてきた駿馬を見て、欲しいと思うが金がなかった。それをみかねた妻・千代は夫に何かあったらと父から嫁入りの時に渡された10両を一豊に渡した。そして、一豊はその10両でその馬を買った。そのみごとな馬は信長の目をひき、感心も得ました。

秀吉の没後、権力争いの動きが見え始め、再び戦乱の世へと傾いていました。一豊は早くから家康に対して忠誠を見せていました。関ヶ原の戦の前には、大阪にいる千代は、石田三成の監視下に置かれながらも夫・一豊に豊臣側の情報を送りました。一豊は千代から自分はどうなってもいいから、家康に忠義をつくしなさいという内容の密書を受け取ります。千代はその密書を開封せずに家康に渡す事を言付けます。一豊はその千代の言葉通り、開封することなく家康に密書を渡し、自分の忠義を示したのです。 この二つの逸話は有名で、千代の内助の功によって出世できたとも言われる所以です。

3:土佐入国~晩年

高知城

一国一城の主となった山内一豊ですが、土佐入国はそううまくはいきません。土佐は当時、長宗我部氏が治めていました。しかし、長宗我部氏は石田三成に味方し、敗北。家康から領土を取り上げられたのです。

長宗我部氏滅亡後、有力農民の下級武士「一領具足」達は浦戸城明け渡しを拒み、立てこもります。これを浦戸一揆といいます。一豊は弟である康豊を向かわせます。こと時、敗れた一領具足達273名は斬首となりました。 そして、鎮静したとみて土佐に入国。

まず土佐に入国した一豊は、馬の駆初めや相撲大会といったものを催し、民衆の不満をやわらげようとしました。また、相撲見物に来ていた一揆の残党を捕らえて処刑するなど国の統治を心がけました。

それでも、再び一揆は起こってしまいます。浦戸一揆より3年後、滝山一揆が起こりました。旧本山氏の一領具足の高石左馬助が主となり起きました。討伐軍が出されるのですが、左馬助たちの用意は周到で思わぬ反撃を受けてしまいます。討伐軍は作戦を変更し、その作戦は効果が大きく一揆勢を退却させることに成功しました。

一豊は入国した慶長6(1601)年から河中山城の築城を着手していました。一豊は自分と同じ背丈・格好の5人の影武者を連れ、工事視察をしたといいます。後に河中山は高智山と改名されます。この高智が、高知の由来だとされています。

一豊は土佐に入国から5年、慶長10(1605)年61歳で亡くなりました。
一豊の死後、妻・千代は出家し見性院(けんしょういん)となりました。一豊の死後も千代はその政治・外交力などで山内家を助けていきました。その千代も61歳で没しました。