更新 2014年11月25日

心理的な悩みや問題の背景には、必ずといっていいほど家族の影響があります。
家族を心理的に援助するためには、必要な知識や技法を身につけることが望まれます。
本機構はそうした知識や技術を習得し実践する者として、家族心理士および家族相談士の資格を認定する団体です。
1999年に日本家族心理学会と日本家族カウンセリング協会によって設立されました。
2014年4月現在、家族心理士126名、家族相談士1836名を認定しています。